[Photoshop]マスクの方法まとめ

Mar 30

Categories: ツールTIPS

05_s

Photoshopのマスクのかけ方は、大きく分けて、『クリッピングマスク』、『レイヤーマスク』、『ベクトルマスク』の3種類があります。
それぞれの作成方法をご紹介します。

クリッピングマスク

すぐ下にある下層レイヤーのオブジェクトの形に切り抜くマスクです。
一番簡単なマスクですが、オブジェクトを動かす時に、マスク部分も選択しなければいけないという煩わしさもあります。

01) 切り抜きたい形のオブジェクトを作成します。

パスの図形でも、フリーハンドの図形でも大丈夫です

02) 切り抜きたいレイヤーを、その上に置きます。

03) レイヤーの間を、「Alt+クリック」します。

アイコンが写真のように変化し、マスクがかかりました。

調整レイヤーも同じようにマスクがけできます。

レイヤーマスク

選択範囲から作成するマスクです。
選択範囲をとる方法は様々ありますので、その分使い勝手の良いマスクです。ただ、一度選択範囲をかけてマスクを作成すると、あとでマスクのサイズや形を変えるのが少々面倒です。

01) 選択範囲をとります。

02) レイヤーウィンドウの一番下にあるマスクボタンを押します。

(この時、レイヤーにロックがかかっていると、マスクボタンを押せません)

03) マスクが作成されました。

マスクの形を変えるには、ペイントツールを使います。
マスクのリンクを外し、マスクのサムネイル部分をクリックして選択します。

黒で塗るとマスク領域を削除し、白で塗るとマスクを作成します。

レイヤーだけでなくフォルダにもマスクをかけられます。

グラデーションもかけられます。
(マスクのサムネイル部分をクリックし、『Ctrl+クリック』でマスク部分を選択します。
この時、グラデーションは黒→白にします)

ベクトルマスク(CS6, CC)

CS6やCCでは、ベクトルマスクのかけ方が異なります。
ベクトルマスクを愛用していただけに手順増えたのが大変残念…。

01) パスを描画

マスクをかけるレイヤーを選択し、ペンツールやシェイプツールでパスを描きます。この時、ツールモードは「パス」にします。

02) マスクの作成

パスを描いたあと、上部のメニューにある「作成」から「マスク」をクリックします。

03) その他の方法

パスをコピーし、マスクをかけるレイヤーにペーストしたあと、「レイヤー > ベクトルマスク > 現在のパス」を選択しても同様にマスクをかけられます。

ベクトルマスク(CS5?以前)

パスから作成するマスクです。
パスによってマスクの形を自由に変えられるので、あとから修正する時は楽です。

01) 切り抜きたい形のパスを描きます

(パスの設定は、『シェイプレイヤー』にしてください)

02) パスの部分を対象レイヤーにドラッグします。

03) このようにマスクがかかります。

パスをいじることで、マスクの形を変えられます。

マスクの重ねがけ(?)もできます。

それぞれの用途や特徴に応じて、マスクのかけ方を選んでみてはいかがでしょうか。

Share & Send

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME >  ツールTIPS > [Photoshop]マスクの方法まとめ